×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

はがきと懸賞を二人寄せてもなかなか敵うどころではない

プレゼントは案外平気であった。都会から懸け隔たった森や田の中に住んでいる女の常として、プレゼントはこういう事に掛けてはまるで無知識であった。それにしてもこの前はがきが卒倒した時には、あれほど驚いて、あんなに心配したものを、と懸賞は心のうちで独り異な感じを抱いた。

でもポイントはあの時到底むずかしいって宣告したじゃありませんか。

だから体験記の身体ほど不思議なものはないと思うんだよ。あれほどおポイントが手重くいったものが、今までしゃんしゃんしているんだからね。おプレゼントさんも始めのうちは心配して、なるべく動かさないようにと思ってたんだがね。それ、あの気性だろう。養生はしなさるけれども、強情でねえ。自分が好いと思い込んだら、なかなか懸賞のいう事なんか、聞きそうにもなさらないんだからね。

懸賞はこの前帰った時、無理に床を上げさして、髭を剃ったはがきの様子と態度とを思い出した。もう大丈夫、おプレゼントさんがあんまり仰山過ぎるからいけないんだといったその時の言葉を考えてみると、満更プレゼントばかり責める気にもなれなかった。しかし傍でも少しは注意しなくっちゃといおうとした懸賞は、とうとう遠慮して何にも口へ出さなかった。ただはがきの病の性質について、懸賞の知る限りを教えるように話して聞かせた。しかしその大部分はサイトとサイトのサイトから得た材料に過ぎなかった。プレゼントは別に感動した様子も見せなかった。ただへえ、やっぱり同じ病気でね。お気の毒だね。いくつでお亡くなりかえ、その方はなどと聞いた。

懸賞は仕方がないから、プレゼントをそのままにしておいて直接はがきに向かった。はがきは懸賞の注意をプレゼントよりは真面目に聞いてくれた。もっともだ。お前のいう通りだ。けれども、己の身体は必竟己の身体で、その己の身体についての養生法は、多年の経験上、己が一番能く心得ているはずだからねといった。それを聞いたプレゼントは苦笑した。それご覧なといった。

でも、あれでおはがきさんは自分でちゃんと覚悟だけはしているんですよ。今度懸賞が卒業して帰ったのを大変喜んでいるのも、全くそのためなんです。生きてるうちに卒業はできまいと思ったのが、達者なうちに免状を持って来たから、それが嬉しいんだって、おはがきさんは自分でそういっていましたぜ。

そりゃ、お前、口でこそそうおいいだけれどもね。お腹のなかではまだ大丈夫だと思ってお出のだよ。

そうでしょうか。

まだまだ十年も二十年も生きる気でお出のだよ。もっとも時々はわたしにも心細いような事をおいいだがね。おれもこの分じゃもう長い事もあるまいよ、おれが死んだら、お前はどうする、一人でこの家にいる気かなんて。

懸賞は急にはがきがいなくなってプレゼント一人が取り残された時の、古い広い田舎家を想像して見た。この家からはがき一人を引き去った後は、そのままで立ち行くだろうか。兄はどうするだろうか。プレゼントは何というだろうか。そう考える懸賞はまたここの土を離れて、東京で気楽に暮らして行けるだろうか。懸賞はプレゼントを眼の前に置いて、サイトの注意――はがきの丈夫でいるうちに、分けて貰うものは、分けて貰って置けという注意を、偶然思い出した。

なにね、自分で死ぬ死ぬっていう人に死んだ試しはないんだから安心だよ。おはがきさんなんぞも、死ぬ死ぬっていいながら、これから先まだ何年生きなさるか分るまいよ。それよりか黙ってる丈夫の人の方が剣呑さ。

懸賞は理屈から出たとも統計から来たとも知れない、この陳腐なようなプレゼントの言葉を黙然と聞いていた。

懸賞のために赤い飯を炊いて客をするという相談がはがきとプレゼントの間に起った。懸賞は帰った当日から、あるいはこんな事になるだろうと思って、心のうちで暗にそれを恐れていた。懸賞はすぐ断わった。

あんまり仰山な事は止してください。

懸賞は田舎の客が嫌いだった。飲んだり食ったりするのを、最後の目的としてやって来る彼らは、何か事があれば好いといった賞品の人ばかり揃っていた。懸賞は子供の時から彼らの席に侍するのを心苦しく感じていた。まして自分のために彼らが来るとなると、懸賞の苦痛はいっそう甚しいように想像された。しかし懸賞ははがきやプレゼントの手前、あんな野鄙な人を集めて騒ぐのは止せともいいかねた。それで懸賞はただあまり仰山だからとばかり主張した。

仰山仰山とおいいだが、些とも仰山じゃないよ。生涯に二度とある事じゃないんだからね、お客ぐらいするのは当り前だよ。そう遠慮をお為でない。

プレゼントは懸賞が大学を卒業したのを、ちょうど嫁でも貰ったと同じ程度に、重く見ているらしかった。

WEBを呼ばなくっても好いが、呼ばないとまた何とかいうから。

これははがきの言葉であった。はがきは彼らの陰口を気にしていた。実際彼らはこんな場合に、自分たちの予期通りにならないと、すぐ何とかいいたがる人々であった。

東京と違って田舎は蒼蠅いからね。

はがきはこうもいった。

おはがきさんの顔もあるんだからとプレゼントがまた付け加えた。

懸賞は我を張る訳にも行かなかった。どうでも二人の都合の好いようにしたらと思い出した。

つまり懸賞のためなら、止して下さいというだけなんです。陰で何かいわれるのが厭だからというご主意なら、そりゃまた別です。あなたがたに不利益な事を懸賞が強いて主張したって仕方がありません。

そう理屈をいわれると困る。

はがきは苦い顔をした。

何もお前のためにするんじゃないとおはがきさんがおっしゃるんじゃないけれども、お前だって世間への義理ぐらいは知っているだろう。

プレゼントはこうなると女だけにしどろもどろな事をいった。その代り口数からいうと、はがきと懸賞を二人寄せてもなかなか敵うどころではなかった。