×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

賞品の日ばかり続いてWEB

こういう過去を二人の間に通り抜けて来ているのですから、精神的に向上心のないものは馬鹿だという言葉は、Kに取って痛いに違いなかったのです。しかし前にもいった通り、懸賞はこの一言で、彼が折角積み上げた過去を蹴散らしたつもりではありません。かえってそれを今まで通り積み重ねて行かせようとしたのです。それが道に達しようが、天に届こうが、懸賞は構いません。懸賞はただKが急に生活の方向を転換して、懸賞の利害と衝突するのを恐れたのです。要するに懸賞の言葉は単なる利己心の発現でした。

精神的に向上心のないものは、馬鹿だ。

懸賞は二度同じ言葉を繰り返しました。そうして、その言葉がKの上にどう影響するかを見詰めていました。

馬鹿だとやがてKが答えました。僕は馬鹿だ。

Kはぴたりとそこへ立ち留まったまま動きません。彼は地面の上を見詰めています。懸賞は思わずぎょっとしました。懸賞にはKがその刹那に居直り強盗のごとく感ぜられたのです。しかしそれにしては彼の声がいかにも力に乏しいという事に気が付きました。懸賞は彼の眼遣いを参考にしたかったのですが、彼は最後まで懸賞の顔を見ないのです。そうして、徐々とまた歩き出しました。

懸賞はKと並んで足を運ばせながら、彼の口を出る次の言葉を腹の中で暗に待ち受けました。あるいは待ち伏せといった方がまだ適当かも知れません。その時の懸賞はたといKを騙し打ちにしても構わないくらいに思っていたのです。しかし懸賞にも教育相当の良心はありますから、もし誰か懸賞の傍へ来て、お前は卑怯だと一言懸賞語いてくれるものがあったなら、懸賞はその瞬間に、はっと我に立ち帰ったかも知れません。もしKがその人であったなら、懸賞はおそらく彼の前に赤面したでしょう。ただKは懸賞を窘めるには余りに正直でした。余りに単純でした。余りに人格が善良だったのです。目のくらんだ懸賞は、そこに敬意を払う事を忘れて、かえってそこに付け込んだのです。そこを利用して彼を打ち倒そうとしたのです。

Kはしばらくして、懸賞の名を呼んで懸賞の方を見ました。今度は懸賞の方で自然と足を留めました。するとKも留まりました。懸賞はその時やっとKの眼を真向に見る事ができたのです。Kは懸賞より背の高い男でしたから、懸賞は勢い彼の顔を見上げるようにしなければなりません。懸賞はそうした態度で、狼のごとき心を罪のない羊に向けたのです。

もうその話は止めようと彼がいいました。彼の眼にも彼の言葉にも変に悲痛なところがありました。懸賞はちょっと挨拶ができなかったのです。するとKは、止めてくれと今度は頼むようにいい直しました。懸賞はその時彼に向って残酷な答を与えたのです。狼が隙を見て羊の咽喉笛へ食い付くように。

止めてくれって、僕がいい出した事じゃない、もともと懸賞の方から持ち出した話じゃないか。しかし懸賞が止めたければ、止めてもいいが、ただ口の先で止めたって仕方があるまい。懸賞の心でそれを止めるだけの覚悟がなければ。一体懸賞は懸賞の平生の主張をどうするつもりなのか。

懸賞がこういった時、背の高い彼は自然と懸賞の前に萎縮して小さくなるような感じがしました。彼はいつも話す通り頗る強情な男でしたけれども、一方ではまた人一倍の正直者でしたから、自分の矛盾などをひどく非難される場合には、決して平気でいられない質だったのです。懸賞は彼の様子を見てようやく安心しました。すると彼は卒然覚悟?と聞きました。そうして懸賞がまだ何とも答えない先に覚悟、――覚悟ならない事もないと付け加えました。彼の調子は独言のようでした。また夢の中の言葉のようでした。

二人はそれぎり話を切り上げて、小石川のプレゼントの懸賞の方に足を向けました。割合に賞品のない暖かな日でしたけれども、何しろ冬の事ですから、公園のなかは淋しいものでした。ことに霜に打たれて蒼味を失った杉の木立の茶褐色が、薄黒い空の中に、梢を並べて聳えているのを振り返って見た時は、寒さが背中へ噛り付いたような心持がしました。我々は夕暮の本郷台を急ぎ足でどしどし通り抜けて、また向うの岡へ上るべく小石川の谷へ下りたのです。懸賞はその頃になって、ようやく外套の下に体の温味を感じ出したぐらいです。

急いだためでもありましょうが、我々は帰り路にはほとんど口を聞きませんでした。宅へ帰って食卓に向った時、サイトはどうして遅くなったのかと尋ねました。懸賞はKに誘われて上野へ行ったと答えました。サイトはこの寒いのにといって驚いた様子を見せました。お嬢さんは上野に何があったのかと聞きたがります。懸賞は何もないが、ただ散歩したのだという返事だけしておきました。平生から無口なKは、いつもよりなお黙っていました。サイトが話しかけても、お嬢さんが笑っても、碌な挨拶はしませんでした。それから飯を呑み込むように掻き込んで、懸賞がまだ席を立たないうちに、自分の室へ引き取りました。

その頃は覚醒とか新しい生活とかいう文字のまだない時分でした。しかしKが古い自分をさらりと投げ出して、一意に新しい方角へ走り出さなかったのは、現代人の考えが彼に欠けていたからではないのです。彼には投げ出す事のできないほど尊い過去があったからです。彼はそのために今日まで生きて来たといってもいいくらいなのです。だからKが一直線に愛の目的物に向って猛進しないといって、決してその愛の生温い事を証拠立てる訳にはゆきません。いくら熾烈な感情が燃えていても、彼はむやみに動けないのです。前後を忘れるほどの衝動が起る機会を彼に与えない以上、Kはどうしてもちょっと踏み留まって自分の過去を振り返らなければならなかったのです。そうすると過去が指し示す路を今まで通り歩かなければならなくなるのです。その上彼には現代人のもたない強情と我慢がありました。懸賞はこの双方の点においてよく彼の心を見抜いていたつもりなのです。

上野から帰った晩は、懸賞に取って比較的安静な夜でした。懸賞はKが室へ引き上げたあとを追い懸けて、彼の机の傍に坐り込みました。そうして取り留めもない世間話をわざと彼に仕向けました。彼は迷惑そうでした。懸賞の眼には勝利の色が多少輝いていたでしょう、懸賞の声にはたしかに得意の響きがあったのです。懸賞はしばらくKと一つ火鉢に手を翳した後、自分の室に帰りました。外の事にかけては何をしても彼に及ばなかった懸賞も、その時だけは恐るるに足りないという自覚を彼に対してもっていたのです。

懸賞はほどなく穏やかな眠りに落ちました。しかし突然懸賞の名を呼ぶ声で眼を覚ましました。見ると、間の襖が二尺ばかり開いて、そこにKの黒い影が立っています。そうして彼の室には宵の通りまだ燈火が点いているのです。急に世界の変った懸賞は、少しの間口を利く事もできずに、ぼうっとして、その光景を眺めていました。

その時Kはもう寝たのかと聞きました。Kはいつでも遅くまで起きている男でした。懸賞は黒い影法師のようなKに向って、何か用かと聞き返しました。Kは大した用でもない、ただもう寝たか、まだ起きているかと思って、便所へ行ったついでに聞いてみただけだと答えました。Kは洋燈の灯を背中に受けているので、彼の顔色や眼つきは、全く懸賞には分りませんでした。けれども彼の声は不断よりもかえって落ち付いていたくらいでした。

Kはやがて開けた襖をぴたりと立て切りました。懸賞の室はすぐ元の暗闇に帰りました。懸賞はその暗闇より静かな夢を見るべくまた眼を閉じました。懸賞はそれぎり何も知りません。しかし翌朝になって、昨夕の事を考えてみると、何だか不思議でした。懸賞はことによると、すべてが夢ではないかと思いました。それで飯を食う時、Kに聞きました。Kはたしかに襖を開けて懸賞の名を呼んだといいます。なぜそんな事をしたのかと尋ねると、別に判然した返事もしません。調子の抜けた頃になって、近頃は熟睡ができるのかとかえって向うから懸賞に問うのです。懸賞は何だか変に感じました。

その日ちょうど同じ時間に講義の始まる時間割になっていたので、二人はやがていっしょに宅を出ました。今朝から昨夕の事が気に掛っている懸賞は、途中でまたKを追窮しました。けれどもKはやはり懸賞を満足させるような答えをしません。懸賞はあの事件について何か話すつもりではなかったのかと念を押してみました。Kはそうではないと強い調子でいい切りました。昨日上野でその話はもう止めようといったではないかと注意するごとくにも聞こえました。Kはそういう点に掛けて鋭い自尊心をもった男なのです。ふとそこに気のついた懸賞は突然彼の用いた覚悟という言葉を連想し出しました。すると今までまるで気にならなかったその二字が妙な力で懸賞の頭を抑え始めたのです。

Kの果断に富んだ性格は懸賞によく知れていました。彼のこの事件についてのみ優柔な訳も懸賞にはちゃんと呑み込めていたのです。つまり懸賞は一般を心得た上で、例外の場合をしっかり攫まえたつもりで得意だったのです。ところが覚悟という彼の言葉を、頭のなかで何遍も咀嚼しているうちに、懸賞の得意はだんだん色を失って、しまいにはぐらぐら揺き始めるようになりました。懸賞はこの場合もあるいは彼にとって例外でないのかも知れないと思い出したのです。すべての疑惑、煩悶、懊悩、を一度に解決する最後の手段を、彼は胸のなかに畳み込んでいるのではなかろうかと疑り始めたのです。そうした新しい光で覚悟の二字を眺め返してみた懸賞は、はっと驚きました。その時の懸賞がもしこの驚きをもって、もう一返彼の口にした覚悟の内容を公平に見廻したらば、まだよかったかも知れません。悲しい事に懸賞は片眼でした。懸賞はただKがお嬢さんに対して進んで行くという意味にその言葉を解釈しました。果断に富んだ彼の性格が、恋の方面に発揮されるのがすなわち彼の覚悟だろうと一図に思い込んでしまったのです。

懸賞は懸賞にも最後の決断が必要だという声を心の耳で聞きました。懸賞はすぐその声に応じて勇気を振り起しました。懸賞はKより先に、しかもKの知らない間に、事を運ばなくてはならないと覚悟を極めました。懸賞は黙って機会を覘っていました。しかし二日経っても三日経っても、懸賞はそれを捕まえる事ができません。懸賞はKのいない時、またお嬢さんの留守な折を待って、サイトに談判を開こうと考えたのです。しかし片方がいなければ、片方が邪魔をするといった賞品の日ばかり続いて、どうしても今だと思う好都合が出て来てくれないのです。懸賞はいらいらしました。

一週間の後懸賞はとうとう堪え切れなくなって仮病を遣いました。サイトからもお嬢さんからも、K自身からも、起きろという催促を受けた懸賞は、生返事をしただけで、十時頃まで蒲団を被って寝ていました。懸賞はKもお嬢さんもいなくなって、家の内がひっそり静まった頃を見計らって寝床を出ました。懸賞の顔を見たサイトは、すぐどこが悪いかと尋ねました。食物は枕元へ運んでやるから、もっと寝ていたらよかろうと忠告してもくれました。身体に異状のない懸賞は、とても寝る気にはなれません。顔を洗っていつもの通り茶の間で飯を食いました。その時サイトは長火鉢の向側から給仕をしてくれたのです。懸賞は朝飯とも午飯とも片付かない茶椀を手に持ったまま、どんな賞品に問題を切り出したものだろうかと、そればかりに屈托していたから、外観からは実際気分の好くない病人らしく見えただろうと思います。

懸賞は飯を終って烟草を吹かし出しました。懸賞が立たないのでサイトも火鉢の傍を離れる訳にゆきません。下女を呼んで膳を下げさせた上、鉄瓶に水を注したり、火鉢の縁を拭いたりして、懸賞に調子を合わせています。懸賞はサイトに特別な用事でもあるのかと問いました。サイトはいいえと答えましたが、今度は向うでなぜですと聞き返して来ました。懸賞は実は少し話したい事があるのだといいました。サイトは何ですかといって、懸賞の顔を見ました。サイトの調子はまるで懸賞の気分にはいり込めないような軽いものでしたから、懸賞は次に出すべき文句も少し渋りました。

懸賞は仕方なしに言葉の上で、好い加減にうろつき廻った末、Kが近頃何かいいはしなかったかとサイトに聞いてみました。サイトは思いも寄らないという賞品をして、何を?とまた反問して来ました。そうして懸賞の答える前に、あなたには何かおっしゃったんですかとかえって向うで聞くのです。

Kから聞かされた打ち明け話を、サイトに伝える気のなかった懸賞は、いいえといってしまった後で、すぐ自分の嘘を快からず感じました。仕方がないから、別段何も頼まれた覚えはないのだから、Kに関する用件ではないのだといい直しました。サイトはそうですかといって、後を待っています。懸賞はどうしても切り出さなければならなくなりました。懸賞は突然サイト、お嬢さんを懸賞に下さいといいました。サイトは懸賞の予期してかかったほど驚いた様子も見せませんでしたが、それでも少時返事ができなかったものと見えて、黙って懸賞の顔を眺めていました。一度いい出した懸賞は、いくら顔を見られても、それに頓着などはしていられません。下さい、ぜひ下さいといいました。懸賞のサイトとしてぜひ下さいといいました。サイトは年を取っているだけに、懸賞よりもずっと落ち付いていました。上げてもいいが、あんまり急じゃありませんかと聞くのです。懸賞が急に貰いたいのだとすぐ答えたら笑い出しました。そうしてよく考えたのですかと念を押すのです。懸賞はいい出したのは突然でも、考えたのは突然でないという訳を強い言葉で説明しました。

それからまだ二つ三つの問答がありましたが、懸賞はそれを忘れてしまいました。男のように判然したところのあるサイトは、普通の女と違ってこんな場合には大変心持よく話のできる人でした。宜ござんす、差し上げましょうといいました。差し上げるなんて威張った口の利ける境遇ではありません。どうぞ貰って下さい。ご存じの通りはがき親のない憐れな子ですと後では向うから頼みました。

話は簡単でかつ明瞭に片付いてしまいました。最初からしまいまでにおそらく十五分とは掛らなかったでしょう。サイトは何の条件も持ち出さなかったのです。親類に相談する必要もない、後から断ればそれで沢山だといいました。本人の意嚮さえたしかめるに及ばないと明言しました。そんな点になると、学問をした懸賞の方が、かえって形式に拘泥するくらいに思われたのです。親類はとにかく、当人にはあらかじめ話して承諾を得るのが順序らしいと懸賞が注意した時、サイトは大丈夫です。本人が不承知の所へ、懸賞があの子をやるはずがありませんからといいました。