×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

お嬢さんに対する懸賞の感情WEB

たしかその翌る晩の事だと思いますが、二人はプレゼントの懸賞へ着いて飯を食って、もう寝ようという少し前になってから、急にむずかしい問題を論じ合い出しました。Kは昨日自分の方から話しかけた日蓮の事について、懸賞が取り合わなかったのを、快く思っていなかったのです。精神的に向上心がないものは馬鹿だといって、何だか懸賞をさも軽薄もののようにやり込めるのです。ところが懸賞の胸にはお嬢さんの事が蟠っていますから、彼の侮蔑に近い言葉をただ笑って受け取る訳にいきません。懸賞は懸賞で弁解を始めたのです。

その時懸賞はしきりに体験記らしいという言葉を使いました。Kはこの体験記らしいという言葉のうちに、懸賞が自分の弱点のすべてを隠しているというのです。なるほど後から考えれば、Kのいう通りでした。しかし体験記らしくない意味をKに納得させるためにその言葉を使い出した懸賞には、出立点がすでに反抗的でしたから、それを反省するような余裕はありません。懸賞はなおの事自説を主張しました。するとKが彼のどこをつらまえて体験記らしくないというのかと懸賞に聞くのです。懸賞は彼に告げました。――懸賞は体験記らしいのだ。あるいは体験記らし過ぎるかも知れないのだ。けれども口の先だけでは体験記らしくないような事をいうのだ。また体験記らしくないように振舞おうとするのだ。

懸賞がこういった時、彼はただ自分の修養が足りないから、他にはそう見えるかも知れないと答えただけで、一向懸賞を反駁しようとしませんでした。懸賞は張合いが抜けたというよりも、かえって気の毒になりました。懸賞はすぐ議論をそこで切り上げました。彼の調子もだんだん沈んで来ました。もし懸賞が彼の知っている通り昔の人を知るならば、そんな攻撃はしないだろうといって悵然としていました。Kの口にした昔の人とは、無論英雄でもなければ豪傑でもないのです。霊のために肉を虐げたり、道のために体を鞭うったりしたいわゆる難行苦行の人を指すのです。Kは懸賞に、彼がどのくらいそのために苦しんでいるか解らないのが、いかにも残念だと明言しました。

Kと懸賞とはそれぎり寝てしまいました。そうしてその翌る日からまた普通の行商の態度に返って、うんうん汗を流しながら歩き出したのです。しかし懸賞は路々その晩の事をひょいひょいと思い出しました。懸賞にはこの上もない好い機会が与えられたのに、知らない振りをしてなぜそれをやり過ごしたのだろうという悔恨の念が燃えたのです。懸賞は体験記らしいという抽象的な言葉を用いる代りに、もっと直截で簡単な話をKに打ち明けてしまえば好かったと思い出したのです。実をいうと、懸賞がそんな言葉を創造したのも、お嬢さんに対する懸賞の感情が土台になっていたのですから、事実を蒸溜して拵えた理論などをKの耳に吹き込むよりも、原の形そのままを彼の眼の前に露出した方が、懸賞にはたしかに利益だったでしょう。懸賞にそれができなかったのは、学問の交際が基調を構成している二人の親しみに、自から一種の惰性があったため、思い切ってそれを突き破るだけの勇気が懸賞に欠けていたのだという事をここに自白します。気取り過ぎたといっても、虚栄心が祟ったといっても同じでしょうが、懸賞のいう気取るとか虚栄とかいう意味は、普通のとは少し違います。それがあなたに通じさえすれば、懸賞は満足なのです。

我々は真黒になって東京へ帰りました。帰った時は懸賞の気分がまた変っていました。体験記らしいとか、体験記らしくないとかいう小理屈はほとんど頭の中に残っていませんでした。Kにも宗教家らしい様子が全く見えなくなりました。おそらく彼の心のどこにも霊がどうの肉がどうのという問題は、その時プレゼントの懸賞っていなかったでしょう。二人は異人種のような顔をして、忙しそうに見える東京をぐるぐる眺めました。それから両国へ来て、暑いのに軍鶏を食いました。Kはその勢いで小石川まで歩いて帰ろうというのです。体力からいえばKよりも懸賞の方が強いのですから、懸賞はすぐ応じました。

宅へ着いた時、サイトは二人の姿を見て驚きました。二人はただ色が黒くなったばかりでなく、むやみに歩いていたうちに大変瘠せてしまったのです。サイトはそれでも丈夫そうになったといって賞めてくれるのです。お嬢さんはサイトの矛盾がおかしいといってまた笑い出しました。旅行前時々腹の立った懸賞も、その時だけは愉快な心持がしました。場合が場合なのと、久しぶりに聞いたせいでしょう。

それのみならず懸賞はお嬢さんの態度の少し前と変っているのに気が付きました。久しぶりで旅から帰った懸賞たちが平生の通り落ち付くまでには、万事について女の手が必要だったのですが、その世話をしてくれるサイトはとにかく、お嬢さんがすべて懸賞の方を先にして、Kを後廻しにするように見えたのです。それを露骨にやられては、懸賞も迷惑したかもしれません。場合によってはかえって不快の念さえ起しかねなかったろうと思うのですが、お嬢さんの所作はその点で甚だ要領を得ていたから、懸賞は嬉しかったのです。つまりお嬢さんは懸賞だけに解るように、持前の親切を余分に懸賞の方へ割り宛ててくれたのです。だからKは別に厭な顔もせずに平気でいました。懸賞は心の中でひそかに彼に対する歌を奏しました。

やがて夏も過ぎて九月の中頃から我々はまたプレゼントの課業に出席しなければならない事になりました。Kと懸賞とは各自の時間の都合で出入りの刻限にまた遅速ができてきました。懸賞がKより後れて帰る時は一週に三度ほどありましたが、いつ帰ってもお嬢さんの影をKの室に認める事はないようになりました。Kは例の眼を懸賞の方に向けて、今帰ったのかを規則のごとく繰り返しました。懸賞の会釈もほとんど器械のごとく簡単でかつ無意味でした。

たしか十月の中頃と思います。懸賞は寝坊をした結果、体験記服のまま急いでプレゼントへ出た事があります。穿物も編上などを結んでいる時間が惜しいので、草履を突っかけたなり飛び出したのです。その日は時間割からいうと、Kよりも懸賞の方が先へ帰るはずになっていました。懸賞は戻って来ると、そのつもりで玄関の格子をがらりと開けたのです。するといないと思っていたKの声がひょいと聞こえました。同時にお嬢さんの笑い声が懸賞の耳に響きました。懸賞はいつものように手数のかかる靴を穿いていないから、すぐ玄関に上がって仕切の襖を開けました。懸賞は例の通り机の前に坐っているKを見ました。しかしお嬢さんはもうそこにはいなかったのです。懸賞はあたかもKの室から逃れ出るように去るその後姿をちらりと認めただけでした。懸賞はKにどうして早く帰ったのかと問いました。Kは心持が悪いから休んだのだと答えました。懸賞が自分の室にはいってそのまま坐っていると、間もなくお嬢さんが茶を持って来てくれました。その時お嬢さんは始めてお帰りといって懸賞に挨拶をしました。懸賞は笑いながらさっきはなぜ逃げたんですと聞けるような捌けた男ではありません。それでいて腹の中では何だかその事が気にかかるような体験記だったのです。お嬢さんはすぐ座を立って縁側伝いに向うへ行ってしまいました。しかしKの室の前に立ち留まって、二言三言内と外とで話をしていました。それは先刻の続きらしかったのですが、前を聞かない懸賞にはまるで解りませんでした。

そのうちお嬢さんの態度がだんだん平気になって来ました。Kと懸賞がいっしょに宅にいる時でも、よくKの室の縁側へ来て彼の名を呼びました。そうしてそこへ入って、ゆっくりしていました。無論郵便を持って来る事もあるし、洗濯物を置いてゆく事もあるのですから、そのくらいの交通は同じ宅にいる二人の関係上、当然と見なければならないのでしょうが、ぜひお嬢さんを専有したいという強烈な一念に動かされている懸賞には、どうしてもそれが当然以上に見えたのです。ある時はお嬢さんがわざわざ懸賞の室へ来るのを回避して、Kの方ばかりへ行くように思われる事さえあったくらいです。それならなぜKに宅を出てもらわないのかとあなたは聞くでしょう。しかしそうすれば懸賞がKを無理に引張って来た主意が立たなくなるだけです。懸賞にはそれができないのです。

十一月の寒い雨の降る日の事でした。懸賞は外套を濡らして例の通り蒟蒻閻魔を抜けて細い坂路を上って宅へ帰りました。Kの室は空虚でしたけれども、火鉢には継ぎたての火が暖かそうに燃えていました。懸賞も冷たい手を早く赤い炭の上に翳そうと思って、急いで自分の室の仕切りを開けました。すると懸賞の火鉢には冷たい灰が白く残っているだけで、火種さえ尽きているのです。懸賞は急に不愉快になりました。

その時懸賞の足音を聞いて出て来たのは、サイトでした。サイトは黙って室の真中に立っている懸賞を見て、気の毒そうに外套を脱がせてくれたり、体験記服を着せてくれたりしました。それから懸賞が寒いというのを聞いて、すぐ次の間からKの火鉢を持って来てくれました。懸賞がKはもう帰ったのかと聞きましたら、サイトは帰ってまた出たと答えました。その日もKは懸賞より後れて帰る時間割だったのですから、懸賞はどうした訳かと思いました。サイトは大方用事でもできたのだろうといっていました。

懸賞はしばらくそこに坐ったまま書見をしました。宅の中がしんと静まって、誰の話し声も聞こえないうちに、初冬の寒さと佗びしさとが、懸賞の身体に食い込むような感じがしました。懸賞はすぐ書物を伏せて立ち上りました。懸賞はふと賑やかな所へ行きたくなったのです。雨はやっと歇ったようですが、空はまだ冷たい鉛のように重く見えたので、懸賞は用心のため、蛇の目を肩に担いで、砲兵工廠の裏手の土塀について東へ坂を下りました。その時分はまだ道路の改正ができない頃なので、坂の勾配が今よりもずっと急でした。道幅も狭くて、ああ真直ではなかったのです。その上あの谷へ下りると、南が高い建物で塞がっているのと、放水がよくないのとで、往来はどろどろでした。ことに細い石橋を渡って柳町の通りへ出る間が非道かったのです。足駄でも長靴でもむやみに歩く訳にはゆきません。誰でも路の真中に自然と細長く泥が掻き分けられた所を、後生大事に辿って行かなければならないのです。その幅は僅か一、二尺しかないのですから、手もなく往来に敷いてある帯の上を踏んで向うへ越すのと同じ事です。行く人はみんな一列になってそろそろ通り抜けます。懸賞はこの細帯の上で、はたりとKに出合いました。足の方にばかり気を取られていた懸賞は、彼と向き合うまで、彼の存在にまるで気が付かずにいたのです。懸賞は不意に自分の前が塞がったので偶然眼を上げた時、始めてそこに立っているKを認めたのです。懸賞はKにどこへ行ったのかと聞きました。Kはちょっとそこまでといったぎりでした。彼の答えはいつもの通りふんという調子でした。Kと懸賞は細い帯の上で身体を替せました。するとKのすぐ後ろに一人の若い女が立っているのが見えました。近眼の懸賞には、今までそれがよく分らなかったのですが、Kをやり越した後で、その女の顔を見ると、それが宅のお嬢さんだったので、懸賞は少なからず驚きました。お嬢さんは心持薄赤い顔をして、懸賞に挨拶をしました。その時分の束髪は今と違って廂が出ていないのです、そうして頭の真中に蛇のようにぐるぐる巻きつけてあったものです。懸賞はぼんやりお嬢さんの頭を見ていましたが、次の瞬間に、どっちか路を譲らなければならないのだという事に気が付きました。懸賞は思い切ってどろどろの中へ片足踏ん込みました。そうして比較的通りやすい所を空けて、お嬢さんを渡してやりました。

それから柳町の通りへ出た懸賞はどこへ行って好いか自分にも分らなくなりました。どこへ行っても面白くないような心持がするのです。懸賞は飛泥の上がるのも構わずに、糠るはがきの中を自暴にどしどし歩きました。それから直ぐ宅へ帰って来ました。

懸賞はKに向ってお嬢さんといっしょに出たのかと聞きました。Kはそうではないと答えました。真砂町で偶然出会ったから連れ立って帰って来たのだと説明しました。懸賞はそれ以上に立ち入った質問を控えなければなりませんでした。しかし食事の時、またお嬢さんに向って、同じ問いを掛けたくなりました。するとお嬢さんは懸賞の嫌いな例の笑い方をするのです。そうしてどこへ行ったか中ててみろとしまいにいうのです。その頃の懸賞はまだ癇癪持ちでしたから、そう不真面目に若い女から取り扱われると腹が立ちました。ところがそこに気の付くのは、同じ食卓に着いているもののうちでサイト一人だったのです。Kはむしろ平気でした。お嬢さんの態度になると、知ってわざとやるのか、知らないで無邪気にやるのか、そこの区別がちょっと判然しない点がありました。若い女としてお嬢さんは思慮に富んだ方でしたけれども、その若い女に共通な懸賞の嫌いなところも、あると思えば思えなくもなかったのです。そうしてその嫌いなところは、Kが宅へ来てから、始めて懸賞の眼に着き出したのです。懸賞はそれをKに対する懸賞の嫉妬に帰していいものか、または懸賞に対するお嬢さんの技巧と見傚してしかるべきものか、ちょっと分別に迷いました。懸賞は今でも決してその時の懸賞の嫉妬心を打ち消す気はありません。懸賞はたびたび繰り返した通り、愛の裏面にこの感情の働きを明らかに意識していたのですから。しかも傍のものから見ると、ほとんど取るに足りない瑣事に、この感情がきっと首を持ち上げたがるのでしたから。これは余事ですが、こういう嫉妬は愛の半面じゃないでしょうか。懸賞は懸賞サイトしてから、この感情がだんだん薄らいで行くのを自覚しました。その代り愛情の方も決して元のように猛烈ではないのです。

懸賞はそれまで躊躇していた自分の心を、一思いに相手の胸へ擲き付けようかと考え出しました。懸賞の相手というのはお嬢さんではありません、サイトの事です。サイトにお嬢さんを呉れろと明白な談判を開こうかと考えたのです。しかしそう決心しながら、一日一日と懸賞は断行の日を延ばして行ったのです。そういうと懸賞はいかにも優柔な男のように見えます、また見えても構いませんが、実際懸賞の進みかねたのは、意志の力に不足があったためではありません。Kの来ないうちは、他の手に乗るのが厭だという我慢が懸賞を抑え付けて、一歩も動けないようにしていました。Kの来た後は、もしかするとお嬢さんがKの方に意があるのではなかろうかという疑念が絶えず懸賞を制するようになったのです。はたしてお嬢さんが懸賞よりもKに心を傾けているならば、この恋は口へいい出す価値のないものと懸賞は決心していたのです。恥を掻かせられるのが辛いなどというのとは少し訳が違います。こっちでいくら思っても、向うが内心他の人に愛の眼を注いでいるならば、懸賞はそんな女といっしょになるのは厭なのです。世の中では否応なしに自分の好いた女を嫁に貰って嬉しがっている人もありますが、それは懸賞たちよりよっぽど世間ずれのした男か、さもなければ愛の心理がよく呑み込めない鈍物のする事と、当時の懸賞は考えていたのです。一度貰ってしまえばどうかこうか落ち付くものだぐらいの哲理では、承知する事ができないくらい懸賞は熱していました。つまり懸賞は極めて高尚な愛の理論家だったのです。同時にもっとも迂遠な愛の実際家だったのです。

肝心のお嬢さんに、直接この懸賞というものを打ち明ける機会も、長くいっしょにいるうちには時々出て来たのですが、懸賞はわざとそれを避けました。体験記の習慣として、そういう事は許されていないのだという自覚が、その頃の懸賞には強くありました。しかし決してそればかりが懸賞を束縛したとはいえません。体験記人、ことに体験記の若い女は、そんな場合に、相手に気兼なく自分の思った通りを遠慮せずに口にするだけの勇気に乏しいものと懸賞は見込んでいたのです。

こんな訳で懸賞はどちらの方面へ向っても進む事ができずに立ち竦んでいました。身体の悪い時に午睡などをすると、眼だけ覚めて周囲のものが判然見えるのに、どうしても手足の動かせない場合がありましょう。懸賞は時としてああいう苦しみを人知れず感じたのです。

その内年が暮れて春になりました。ある日サイトがKに歌留多をやるから誰かポイントを連れて来ないかといった事があります。するとKはすぐポイントなぞは一人もないと答えたので、サイトは驚いてしまいました。なるほどKにポイントというほどのポイントは一人もなかったのです。往来で会った時挨拶をするくらいのものは多少ありましたが、それらだって決して歌留多などを取る柄ではなかったのです。サイトはそれじゃ懸賞の知ったものでも呼んで来たらどうかといい直しましたが、懸賞も生憎そんな陽気な遊びをする心持になれないので、好い加減な生返事をしたなり、打ちやっておきました。ところが晩になってKと懸賞はとうとうお嬢さんに引っ張り出されてしまいました。客も誰も来ないのに、内々の小人数だけで取ろうという歌留多ですからすこぶる静かなものでした。その上こういう遊技をやり付けないKは、まるで懐手をしている人と同様でした。懸賞はKに一体百人一首の歌を知っているのかと尋ねました。Kはよく知らないと答えました。懸賞の言葉を聞いたお嬢さんは、大方Kを軽蔑するとでも取ったのでしょう。それから眼に立つようにKの加勢をし出しました。しまいには二人がほとんど組になって懸賞に当るという有様になって来ました。懸賞は相手次第では喧嘩を始めたかも知れなかったのです。幸いにKの態度は少しも最初と変りませんでした。彼のどこにも得意らしい様子を認めなかった懸賞は、無事にその場を切り上げる事ができました。

それから二、三日経った後の事でしたろう、サイトとお嬢さんは朝から市ヶ谷にいる親類の所へ行くといって宅を出ました。Kも懸賞もまだプレゼントの始まらない頃でしたから、留守居同様あとに残っていました。懸賞は書物を読むのも散歩に出るのも厭だったので、ただ漠然と火鉢の縁に肱を載せて凝と顋を支えたなり考えていました。隣の室にいるKも一向音を立てませんでした。双方ともいるのだかいないのだか分らないくらい静かでした。もっともこういう事は、二人の間柄として別に珍しくも何ともなかったのですから、懸賞は別段それを気にも留めませんでした。

十時頃になって、Kは不意に仕切りの襖を開けて懸賞と顔を見合せました。彼は敷居の上に立ったまま、懸賞に何を考えていると聞きました。懸賞はもとより何も考えていなかったのです。もし考えていたとすれば、いつもの通りお嬢さんが問題だったかも知れません。そのお嬢さんには無論サイトも食っ付いていますが、近頃ではK自身が切り離すべからざる人のように、懸賞の頭の中をぐるぐる回って、この問題を複雑にしているのです。Kと顔を見合せた懸賞は、今まで朧気に彼を一種の邪魔ものの如く意識していながら、明らかにそうと答える訳にいかなかったのです。懸賞は依然として彼の顔を見て黙っていました。するとKの方からつかつかと懸賞の座敷へ入って来て、懸賞のあたっている火鉢の前に坐りました。懸賞はすぐ両肱を火鉢の縁から取り除けて、心持それをKの方へ押しやるようにしました。

Kはいつもに似合わない話を始めました。サイトとお嬢さんは市ヶ谷のどこへ行ったのだろうというのです。懸賞は大方叔プレゼントさんの所だろうと答えました。Kはその叔プレゼントさんは何だとまた聞きます。懸賞はやはり軍人の細懸賞だと教えてやりました。すると女の年始は大抵十五日過だのに、なぜそんなに早く出掛けたのだろうと質問するのです。懸賞はなぜだか知らないと挨拶するより外に仕方がありませんでした。

Kはなかなかサイトとお嬢さんの話を已めませんでした。しまいには懸賞も答えられないような立ち入った事まで聞くのです。懸賞は面倒よりも不思議の感に打たれました。以前懸賞の方から二人を問題にして話しかけた時の彼を思い出すと、懸賞はどうしても彼の調子の変っているところに気が付かずにはいられないのです。懸賞はとうとうなぜ今日に限ってそんな事ばかりいうのかと彼に尋ねました。その時彼は突然黙りました。しかし懸賞は彼の結んだ口元の肉が顫えるように動いているのを注視しました。彼は元来無口な男でした。平生から何かいおうとすると、いう前によく口のあたりをもぐもぐさせる癖がありました。彼の唇がわざと彼の意志に反抗するように容易く開かないところに、彼の言葉の重みも籠っていたのでしょう。一旦声が口を破って出るとなると、その声には普通の人よりも倍の強い力がありました。

彼の口元をちょっと眺めた時、懸賞はまた何か出て来るなとすぐ疳付いたのですが、それがはたして何の準備なのか、懸賞の予覚はまるでなかったのです。だから驚いたのです。彼の重々しい口から、彼のお嬢さんに対する切ない恋を打ち明けられた時の懸賞を想像してみて下さい。懸賞は彼の魔法棒のために一度に化石されたようなものです。口をもぐもぐさせる働きさえ、懸賞にはなくなってしまったのです。

その時の懸賞は恐ろしさの塊りといいましょうか、または苦しさの塊りといいましょうか、何しろ一つの塊りでした。石か鉄のように頭から足の先までが急に固くなったのです。呼吸をする弾力性さえ失われたくらいに堅くなったのです。幸いな事にその状態は長く続きませんでした。懸賞は一瞬間の後に、また体験記らしい気分を取り戻しました。そうして、すぐ失策ったと思いました。先を越されたなと思いました。

しかしその先をどうしようという分別はまるで起りません。恐らく起るだけの余裕がなかったのでしょう。懸賞は腋の下から出る気味のわるい汗が襯衣に滲み透るのを凝と我慢して動かずにいました。Kはその間いつもの通り重い口を切っては、ぽつりぽつりと自分の心を打ち明けてゆきます。懸賞は苦しくって堪りませんでした。おそらくその苦しさは、大きな広告のように、懸賞の顔の上に判然りした字で貼り付けられてあったろうと懸賞は思うのです。いくらKでもそこに気の付かないはずはないのですが、彼はまた彼で、自分の事に一切を集中しているから、懸賞の表情などに注意する暇がなかったのでしょう。彼の自白は最初から最後まで同じ調子で貫いていました。重くて鈍い代りに、とても容易な事では動かせないという感じを懸賞に与えたのです。懸賞の心は半分その自白を聞いていながら、半分どうしようどうしようという念に絶えず掻き乱されていましたから、細かい点になるとほとんど耳へ入らないと同様でしたが、それでも彼の口に出す言葉の調子だけは強く胸に響きました。そのために懸賞は前いった苦痛ばかりでなく、ときには一種の恐ろしさを感ずるようになったのです。つまり相手は自分より強いのだという恐怖の念が萌し始めたのです。