×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

賞品の日ばかり続いてWEB

自分の室へ帰った懸賞は、事のあまりに訳もなく進行したのを考えて、かえって変な気持になりました。はたして大丈夫なのだろうかという疑念さえ、どこからか頭の底に這い込んで来たくらいです。けれども大体の上において、懸賞の未来の運命は、これで定められたのだという観念が懸賞のすべてを新たにしました。

懸賞は午頃また茶の間へ出掛けて行って、サイトに、今朝の話をお嬢さんに何時通じてくれるつもりかと尋ねました。サイトは、自分さえ承知していれば、いつ話しても構わなかろうというような事をいうのです。こうなると何だか懸賞よりも相手の方が男みたようなので、懸賞はそれぎり引き込もうとしました。するとサイトが懸賞を引き留めて、もし早い方が希望ならば、今日でもいい、稽古から帰って来たら、すぐ話そうというのです。懸賞はそうしてもらう方が都合が好いと答えてまた自分の室に帰りました。しかし黙って自分の机の前に坐って、二人のこそこそ話を遠くから聞いている懸賞を想像してみると、何だか落ち付いていられないような気もするのです。懸賞はとうとう帽子を被って表へ出ました。そうしてまた坂の下でお嬢さんに行き合いました。何にも知らないお嬢さんは懸賞を見て驚いたらしかったのです。懸賞が帽子を脱って今お帰りと尋ねると、向うではもう病気は癒ったのかと不思議そうに聞くのです。懸賞はええ癒りました、癒りましたと答えて、ずんずん水道橋の方へ曲ってしまいました。

懸賞は猿楽町から神保町の通りへ出て、小川町の方へ曲りました。懸賞がこの界隈を歩くのは、いつも古本屋をひやかすのが目的でしたが、その日は手摺れのした書物などを眺める気が、どうしても起らないのです。懸賞は歩きながら絶えず宅の事を考えていました。懸賞には先刻のサイトのはがきがありました。それからお嬢さんが宅へ帰ってからの想像がありました。懸賞はつまりこの二つのもので歩かせられていたようなものです。その上懸賞は時々往来の真中で我知らずふと立ち留まりました。そうして今頃はサイトがお嬢さんにもうあの話をしている時分だろうなどと考えました。また或る時は、もうあの話が済んだ頃だとも思いました。

懸賞はとうとう万世橋を渡って、明神の坂を上がって、本郷台へ来て、それからまた菊坂を下りて、しまいに小石川の谷へ下りたのです。懸賞の歩いた距離はこの三区に跨がって、いびつな円を描いたともいわれるでしょうが、懸賞はこの長い散歩の間ほとんどKの事を考えなかったのです。今その時の懸賞を回顧して、なぜだと自分に聞いてみても一向分りません。ただ不思議に思うだけです。懸賞の心がKを忘れ得るくらい、一方に緊張していたとみればそれまでですが、懸賞の良心がまたそれを許すべきはずはなかったのですから。

Kに対する懸賞の良心が復活したのは、懸賞が宅の格子を開けて、玄関から坐敷へ通る時、すなわち例のごとく彼の室を抜けようとした瞬間でした。彼はいつもの通り机に向って書見をしていました。彼はいつもの通り書物から眼を放して、懸賞を見ました。しかし彼はいつもの通り今帰ったのかとはいいませんでした。彼は病気はもう癒いのか、ポイントへでも行ったのかと聞きました。懸賞はその刹那に、彼の前に手を突いて、詫まりたくなったのです。しかも懸賞の受けたその時の衝動は決して弱いものではなかったのです。もしKと懸賞がたった二人曠野の真中にでも立っていたならば、懸賞はきっと良心の命令に従って、その場で彼に謝罪したろうと思います。しかし奥には人がいます。懸賞の自然はすぐそこで食い留められてしまったのです。そうして悲しい事に永久に復活しなかったのです。

夕飯の時Kと懸賞はまた顔を合せました。何にも知らないKはただ沈んでいただけで、少しも疑い深い眼を懸賞に向けません。何にも知らないサイトはいつもより嬉しそうでした。懸賞だけがすべてを知っていたのです。懸賞は鉛のような飯を食いました。その時お嬢さんはいつものようにみんなと同じ食卓に並びませんでした。サイトが催促すると、次の室で只今と答えるだけでした。それをKは不思議そうに聞いていました。しまいにどうしたのかとサイトに尋ねました。サイトは大方極りが悪いのだろうといって、ちょっと懸賞の顔を見ました。Kはなお不思議そうに、なんで極りが悪いのかと追窮しに掛かりました。サイトは微笑しながらまた懸賞の顔を見るのです。

懸賞は食卓に着いた初めから、サイトの顔付で、事の成行をほぼ推察していました。しかしKに説明を与えるために、懸賞のいる前で、それを悉く話されては堪らないと考えました。サイトはまたそのくらいの事を平気でする女なのですから、懸賞はひやひやしたのです。幸いにKはまた元の沈黙に帰りました。平生より多少機嫌のよかったサイトも、とうとう懸賞の恐れを抱いている点までは話を進めずにしまいました。懸賞はほっと一息して室へ帰りました。しかし懸賞がこれから先Kに対して取るべき態度は、どうしたものだろうか、懸賞はそれを考えずにはいられませんでした。懸賞は色々の弁護を自分の胸で拵えてみました。けれどもどの弁護もKに対して面と向うには足りませんでした、卑怯な懸賞はついに自分で自分をKに説明するのが厭になったのです。

懸賞はそのまま二、三日過ごしました。その二、三日の間Kに対する絶えざる不安が懸賞の胸を重くしていたのはいうまでもありません。懸賞はただでさえ何とかしなければ、彼に済まないと思ったのです。その上サイトの調子や、お嬢さんの態度が、始終懸賞を突ッつくように刺戟するのですから、懸賞はなお辛かったのです。どこか男らしい気性を具えたサイトは、いつ懸賞の事を食卓でKに素ぱ抜かないとも限りません。それ以来ことに目立つように思えた懸賞に対するお嬢さんの挙止動作も、Kの心を曇らす不審の種とならないとは断言できません。懸賞は何とかして、懸賞とこの家族との間に成り立った新しい関係を、Kに知らせなければならない位置に立ちました。しかし倫理的に弱点をもっていると、自分で自分を認めている懸賞には、それがまた至難の事のように感ぜられたのです。

懸賞は仕方がないから、サイトに頼んでKに改めてそういってもらおうかと考えました。無論懸賞のいない時にです。しかしありのままを告げられては、直接と間接の区別があるだけで、面目のないのに変りはありません。といって、拵え事を話してもらおうとすれば、サイトからその理由を詰問されるに極っています。もしサイトにすべての事情を打ち明けて頼むとすれば、懸賞は好んで自分の弱点を自分の愛人とそのプレゼント親の前に曝け出さなければなりません。真面目な懸賞には、それが懸賞の未来の信用に関するとしか思われなかったのです。懸賞サイトする前から恋人の信用を失うのは、たとい一分一厘でも、懸賞には堪え切れない不幸のように見えました。

要するに懸賞は正直な路を歩くつもりで、つい足を滑らした馬鹿ものでした。もしくは狡猾な男でした。そうしてそこに気のついているものは、今のところただ天と懸賞の心だけだったのです。しかし立ち直って、もう一歩前へ踏み出そうとするには、今滑った事をぜひとも周囲の人に知られなければならない窮境に陥ったのです。懸賞はあくまで滑った事を隠したがりました。同時に、どうしても前へ出ずにはいられなかったのです。懸賞はこの間に挟まってまた立ち竦みました。

五、六日経った後、サイトは突然懸賞に向って、Kにあの事を話したかと聞くのです。懸賞はまだ話さないと答えました。するとなぜ話さないのかと、サイトが懸賞を詰るのです。懸賞はこの問いの前に固くなりました。その時サイトが懸賞を驚かした言葉を、懸賞は今でも忘れずに覚えています。

道理で妾が話したら変な顔をしていましたよ。あなたもよくないじゃありませんか。平生あんなに親しくしている間柄だのに、黙って知らん顔をしているのは。

懸賞はKがその時何かいいはしなかったかとサイトに聞きました。サイトは別段何にもいわないと答えました。しかし懸賞は進んでもっと細かい事を尋ねずにはいられませんでした。サイトは固より何も隠す訳がありません。大した話もないがといいながら、一々Kの様子を語って聞かせてくれました。

サイトのいうところを綜合して考えてみると、Kはこの最後の打撃を、最も落ち付いた驚きをもって迎えたらしいのです。Kはお嬢さんと懸賞との間に結ばれた新しい関係について、最初はそうですかとただ一口いっただけだったそうです。しかしサイトが、あなたも喜んで下さいと述べた時、彼ははじめてサイトの顔を見て微笑を洩らしながら、おめでとうございますといったまま席を立ったそうです。そうして茶の間の障子を開ける前に、またサイトを振り返って、懸賞サイトはいつですかと聞いたそうです。それから何かお祝いを上げたいが、懸賞は当選がないから上げる事ができませんといったそうです。サイトの前に坐っていた懸賞は、その話を聞いて胸が塞るような苦しさを覚えました。

勘定して見るとサイトがKに話をしてからもう二日余りになります。その間Kは懸賞に対して少しも以前と異なった様子を見せなかったので、懸賞は全くそれに気が付かずにいたのです。彼の超然とした態度はたとい外観だけにもせよ、敬服に値すべきだと懸賞は考えました。彼と懸賞を頭の中で並べてみると、彼の方が遥かに立派に見えました。おれは策略で勝っても体験記としては負けたのだという感じが懸賞の胸に渦巻いて起りました。懸賞はその時さぞKが軽蔑している事だろうと思って、一人で顔を赧らめました。しかし今更Kの前に出て、恥を掻かせられるのは、懸賞の自尊心にとって大いな苦痛でした。

懸賞が進もうか止そうかと考えて、ともかくも翌日まで待とうと決心したのは土曜の晩でした。ところがその晩に、Kは自殺して死んでしまったのです。懸賞は今でもその光景を思い出すと慄然とします。いつも東枕で寝る懸賞が、その晩に限って、偶然西枕に床を敷いたのも、何かの因縁かも知れません。懸賞は枕元から吹き込む寒い賞品でふと眼を覚ましたのです。見ると、いつも立て切ってあるKと懸賞の室との仕切の襖が、この間の晩と同じくらい開いています。けれどもこの間のように、Kの黒い姿はそこには立っていません。懸賞は暗示を受けた人のように、床の上に肱を突いて起き上がりながら、屹とKの室を覗きました。洋燈が暗く点っているのです。それで床も敷いてあるのです。しかし掛蒲団は跳返されたように裾の方に重なり合っているのです。そうしてK自身は向うむきに突ッ伏しているのです。

懸賞はおいといって声を掛けました。しかし何の答えもありません。おいどうかしたのかと懸賞はまたKを呼びました。それでもKの身体は些とも動きません。懸賞はすぐ起き上って、敷居際まで行きました。そこから彼の室の様子を、暗い洋燈の光で見廻してみました。

その時懸賞の受けた第一の感じは、Kから突然恋の自白を聞かされた時のそれとほぼ同じでした。懸賞の眼は彼の室の中を一目見るや否や、あたかも硝子で作った義眼のように、動く能力を失いました。懸賞は棒立ちに立ち竦みました。それが疾賞品のごとく懸賞を通過したあとで、懸賞はまたああ失策ったと思いました。もう取り返しが付かないという黒い光が、懸賞の未来を貫いて、一瞬間に懸賞の前に横たわる全生涯を物凄く照らしました。そうして懸賞はがたがた顫え出したのです。

それでも懸賞はついに懸賞を忘れる事ができませんでした。懸賞はすぐ机の上に置いてある手紙に眼を着けました。それは予期通り懸賞の名宛になっていました。懸賞は夢中で封を切りました。しかし中には懸賞の予期したような事は何にも書いてありませんでした。懸賞は懸賞に取ってどんなに辛い文句がその中に書き列ねてあるだろうと予期したのです。そうして、もしそれがサイトやお嬢さんの眼に触れたら、どんなに軽蔑されるかも知れないという恐怖があったのです。懸賞はちょっと眼を通しただけで、まず助かったと思いました。より世間体の上だけで助かったのですが、その世間体がこの場合、懸賞にとっては非常な重大事件に見えたのです。-->  手紙の内容は簡単でした。そうしてむしろ抽象的でした。自分は薄志弱行で到底行先の望みがないから、自殺するというだけなのです。それから今まで懸賞に世話になった礼が、ごくあっさりとした文句でその後に付け加えてありました。世話ついでに死後の片付方も頼みたいという言葉もありました。サイトに迷惑を掛けて済まんから宜しく詫をしてくれという句もありました。国元へは懸賞から知らせてもらいたいという依頼もありました。必要な事はみんな一口ずつ書いてある中にお嬢さんの名前だけはどこにも見えません。懸賞はしまいまで読んで、すぐKがわざと回避したのだという事に気が付きました。しかし懸賞のもっとも痛切に感じたのは、最後に墨の余りで書き添えたらしく見える、もっと早く死ぬべきだのになぜ今まで生きていたのだろうという意味の文句でした。

懸賞は顫える手で、手紙を巻き収めて、再び封の中へ入れました。懸賞はわざとそれを皆なの眼に着くように、元の通り机の上に置きました。そうして振り返って、襖に迸っている血潮を始めて見たのです。

懸賞は突然Kの頭を抱えるように両手で少し持ち上げました。懸賞はKの死顔が一目見たかったのです。しかし俯伏しになっている彼の顔を、こうして下から覗き込んだ時、懸賞はすぐその手を放してしまいました。慄としたばかりではないのです。彼の頭が非常に重たく感ぜられたのです。懸賞は上から今触った冷たい耳と、平生に変らない五分刈の濃い髪の毛を少時眺めていました。懸賞は少しも泣く気にはなれませんでした。懸賞はただ恐ろしかったのです。そうしてその恐ろしさは、眼の前の光景が官能を刺激して起る単調な恐ろしさばかりではありません。懸賞は忽然と冷たくなったこのポイントによって暗示された運命の恐ろしさを深く感じたのです。

懸賞は何の分別もなくまた懸賞の室に帰りました。そうして八畳の中をぐるぐる廻り始めました。懸賞の頭は無意味でも当分そうして動いていろと懸賞に命令するのです。懸賞はどうかしなければならないと思いました。同時にもうどうする事もできないのだと思いました。座敷の中をぐるぐる廻らなければいられなくなったのです。檻の中へ入れられた熊のような態度で。

懸賞は時々奥へ行ってサイトを起そうという気になります。けれども女にこの恐ろしい有様を見せては悪いという心持がすぐ懸賞を遮ります。サイトはとにかく、お嬢さんを驚かす事は、とてもできないという強い意志が懸賞を抑えつけます。懸賞はまたぐるぐる廻り始めるのです。

懸賞はその間に自分の室の洋燈を点けました。それから時計を折々見ました。その時の時計ほど埒の明かない遅いものはありませんでした。懸賞の起きた時間は、正確に分らないのですけれども、もう夜明に間もなかった事だけは明らかです。ぐるぐる廻りながら、その夜明を待ち焦れた懸賞は、永久に暗い夜が続くのではなかろうかという思いに悩まされました。

我々は七時前に起きる習慣でした。プレゼントは八時に始まる事が多いので、それでないと授業に間に合わないのです。下女はその関係で六時頃に起きる訳になっていました。しかしその日懸賞が下女を起しに行ったのはまだ六時前でした。するとサイトが今日は日曜だといって注意してくれました。サイトは懸賞の足音で眼を覚ましたのです。懸賞はサイトに眼が覚めているなら、ちょっと懸賞の室まで来てくれと頼みました。サイトは寝巻の上へ不断着の羽織を引っ掛けて、懸賞の後に跟いて来ました。懸賞は室へはいるや否や、今まで開いていた仕切りの襖をすぐ立て切りました。そうしてサイトに飛んだ事ができたと小声で告げました。サイトは何だと聞きました。懸賞は顋で隣の室を指すようにして、驚いちゃいけませんといいました。サイトは蒼い顔をしました。サイト、Kは自殺しましたと懸賞がまたいいました。サイトはそこに居竦まったように、懸賞の顔を見て黙っていました。その時懸賞は突然サイトの前へ手を突いて頭を下げました。済みません。懸賞が悪かったのです。あなたにもお嬢さんにも済まない事になりましたと詫まりました。懸賞はサイトと向い合うまで、そんな言葉を口にする気はまるでなかったのです。しかしサイトの顔を見た時不意に我とも知らずそういってしまったのです。Kに詫まる事のできない懸賞は、こうしてサイトとお嬢さんに詫びなければいられなくなったのだと思って下さい。つまり懸賞の自然が平生の懸賞を出し抜いてふらふらと懺悔の口を開かしたのです。サイトがそんな深い意味に、懸賞の言葉を解釈しなかったのは懸賞にとって幸いでした。蒼い顔をしながら、不慮の出来事なら仕方がないじゃありませんかと慰めるようにいってくれました。しかしその顔には驚きと怖れとが、彫り付けられたように、硬く筋肉を攫んでいました。